男女

社員のマイナンバーをしっかり管理【注意点を徹底解説】

消し込み事務を効率化する

女の人

膨大な入金情報を自動認識

企業等における経理事務の中でも、特に手間のかかるものの1つが入金消し込みです。入金消し込みとは、商品の販売等によって発生した売掛金に対して代金の入金を突合させ、残高を消していくことをいいます。自社の債権・債務の現状を把握するうえで非常に重要な事務ですが、数が膨大であったり入金の順序がバラバラだったりすると、手作業で消し込み先を探すのはとても大変です。そこで活用すると便利なのが、入金消し込みシステムです。これは、売掛金データと入金データを自動的にマッチングし、消し込みを行っていくというシステムです。顧客管理システムなどとの連携を図ることもできます。入金消し込みシステムにはさまざまなバリエーションがありますが、根幹をなす機能は共通しています。すなわち、入金情報を入力していくと、それに対応する売掛金データをコンピュータが自動検索し、マッチングしていくというものです。会社名や住所など複数の項目による名寄せ作業を行い、たとえば「株式会社」という表記に対して「カ)」「カブ)」といった複数の表記方法があっても正確に見分けます。相手方のミス等によって金額の不突合があった場合でも、その旨を認識します。また、多くの製品は学習機能を備えているため、取引の多い相手先ほどマッチングの精度が向上します。入金消し込みシステムの中には、請求書の自動作成機能を持っているものもあります。そのため、毎月の請求業務の省力化にも活用できます。