男女

社員のマイナンバーをしっかり管理【注意点を徹底解説】

税率変更の影響

男の人

嬉しい反面課題もある

日本において消費税の課税が始まったのは平成元年です。施行当初の税率は3%でしたが、現在では8%にまで上昇しています。そして今後も税率の上昇は避けられない見通しとなっており、平成31年10月1日からは10%となることが決定しています。これより高い消費税率が設定されている国もありますが、日常生活における消費者の税負担は無視できない問題となっています。そこで提案されたのが、生活必需品には低い税率を適用する軽減税率という仕組みなのです。軽減税率の対象となっているのは酒類を除く飲食料品と、週2回以上発行される新聞です。食事を扱う外食サービスは適用の範囲外となっているので飲食業には関係のないことのように思えますが、そうではありません。飲食店の利用者が支払う代金には軽減税率は適用されませんが、料理の材料となる食品の仕入代金には適用されるのです。税率が異なる取引は混同しないように管理しなければならず、事務処理の手間が増えることが懸念されています。該当する企業には管理システムの変更が求められているのです。新たなシステム導入を検討しているのであれば、軽減税率への対応スキームを提示している業者を選ぶことが重要です。通常時であっても新システムへの切り替えはトラブルが発生しやすいポイントです。できることなら事前にシステムを稼動させ、担当者が機器の操作に慣れてから、アップデートで軽減税率に対応した方が良いのです。